通勤日記 改め 日々の記録

自転車、買ったもの、旅行などなど備忘録をかねて

IWC

 祖父が使っていたらしい時計を祖母から貰いうけ使用している。
 メーカーはInternational Watch Companyで、モデルはcal.853だと思う。
 祖母から貰った時点では本当にボロボロだった。
  ・故障しているらしく動かない。
  ・時計を振ってみるとカラカラと音がする。
  ・竜頭を回してみても針は一切動かない。
  ・文字盤にはカビだらけ。風防は傷だらけ。
  ・ベルトは革が破れ、カビがはえていた。
 とてもではないけど、使える状態じゃなかったし、修理しても綺麗になるとは思ってもいなかった。
 近所の時計店に持ち込み修理を依頼すると、快く引き受けてくれた。メーカーに戻すと費用がどれくらい必要になるか分からないので、先ずは国内で修理できるか当たってみてくれたようです。修理が終わるまでには半年。 部品の損傷が激しかった竜頭のみを新作として修理してくださったようです。費用は8万円也。
 ボロボロになっていたベルトはカミーユ=フォルネのベルトに交換。色は黒からダークブラウンへ変更。素材はクロコからテジューへ変更。
 手前味噌だけど、とてもいい感じになった。
f:id:rymd5191:20090702194852j:image
 ケースの金色とベルトのダークブランがとてもいい感じ。
 
 この時計も何時か自分の子供に譲ることが出来ればと思う。