通勤日記 改め 日々の記録

自転車、買ったもの、旅行などなど備忘録をかねて

安土往還記

 辻邦生 安土往還記を読んだ。

 これは今まで読んだ歴史小説の中でもトップクラスの面白さだった。

 海外から来た船員の書簡という珍しい語り口。記述される内容が余りに鮮明なので小説だという事実を忘れて、本当に書簡を翻訳しただけなのでは無いだろうかと疑いながら読み進めた。読み進めながら、冒頭の出典先を何度も確認しつつも、これは小説のはずなんだけど・・・と疑心暗鬼に。

 織田信長に対する描写がとても印象的。

 事を成す。

 この為のみに突き進む信長の意志の強さ。

 そしてそれを理解されないことの辛さ。

 これまでの信長の印象とは全く違うけれども、とても腑に落ちる。

 明智光秀が謀反を起こした理由もとても腑に落ちる。

 余りに面白かったので、会社の同僚に無理やり押し付けてみた。同僚が読み終えた後、この本について語り合うのが待ち遠しい。